2010年03月03日

多汗症の手術 費用と副作用

多汗症の悩みから解放されるため、根治したいという人が必ず意識するのは手術という方法です。
多汗症は悩む人がとても多く、これに対応して手術をする美容整形や皮膚科などはとても多く、大きな市場であることは、検索結果で表示される広告の多さからも容易にわかります。

しかしながら、手術はメスを入れることであり、くすみや腫れ、痛み、再発などの副作用、思いもしなかった影響が出てくる可能性も想定しておく必要があります。

実際にネット上には多汗症手術、特に脇の多汗症、わきがの手術などが多いですが、体験談、経験談が数多く載せられています。解ることは費用が多くかかっても副作用がある場合があること。また、大手であっても執刀医によって出来不出来が左右されることです。

とはいえ、一言で手術といっても方法は様々です。
脇の場合でいえば、切除法、吸引法、超音波法・・・それぞれ効果や費用が異なり、十数万円、数万円、うまく保険が適用されれば安くすむ場合もあります。

また、手術ではなくボトックス注射というものも脇などの多汗症治療で用いられます。効果は半年から一年程度で、価格も両脇で10万円程度です。

いずれにしても、本当に手術が必要なのかを十分検討した上で治療に望むことが必要です。
posted by 多汗症克服 at 04:56| 多汗症 手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脇の多汗症

脇の多汗症とは、主に緊張するなどしたときに脇から大量に汗が出ることです
私も脇汗は緊張したときに大量に出ます。そして脇の汗は臭いも気になるところです
必ずしも脇の汗と「わきが」はイコールではありませんが、わきがの人が脇の多汗症だと、結構きついことになるでしょう。

ちなみにわきがはアポクリン汗腺の活動により引きおこされますが、この遺伝割合について調査したところ、次の数字がひとつの目安になります。
片親がわきが・多汗症・・・約50%
両親がわきが・多汗症・・・約75%〜100%

根治するには手術することになりますが、程度が深刻でなければデオドラント等の臭い消しアイテムを常備することが必須です。

また、脇汗の悩ましい点は「汗染み」です。
脇の下にじっとりと汗染みが出来ることはみっともないものです。
汗脇パッドを使ったり、濡れても目立ちにくい色の服を選んで着る、あるいは重ね着して、外に見えないようにするなど、工夫する必要があります。
ラベル: 多汗症 大量
posted by 多汗症克服 at 04:20| 多汗症 脇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

手の多汗症(手のひらの大量の汗)には

多汗症は医学的に手掌多汗症といいます。
いわゆる手汗なワケですが、家族にもの凄く大量の者がいます。
多汗症は不便なことが多いです。
例えばテスト。テストの用紙が汗でびしょびしょになってしまいます。
野球のバットやラケットを持つも汗で滑りやすくなります。
そして他人と握手する時。びしょびしょのでは触りたくありません。

このように多汗症は不便なことや精神的に嫌な思いをすることが多いと言われています。

ではこの原因は何でしょうか。
汗が出やすい体質であることは確かですが、特に精神的な面によるところが大きいようです。

手汗がひどい家族のを何気なく触ってみると、こう言われました。
「せっかく乾いていたのに、また濡れてしまう。」これは原因が精神的なものであることを裏付ける証拠と言えるでしょう。意識してしまうとをかいてしまうのですから。

ではの汗を抑えるためにはどうするか
の多汗症の対処法ですが、
汗腺を引き締める方法として、塗り薬があります。
これは家族が皮膚科に相談に行ってもらったとのことです。

また、原因が気持ちであれば、その点を克服することです。
例えば、をかくことを気にしない、当たり前のことであると思うこと。

もしかして簡単な手汗対処法は、皮膚科で塗り薬をもらいそれを使用することが精神的にも安心することになり、薬が効いて、精神的にも安定して、手汗が少なくなるかもしれませんね。
posted by 多汗症克服 at 23:13| 多汗症 手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

多汗症には漢方薬の理由

多汗症とは、暑いときにかくような汗の状態ではなく、普通以上に全身にびっしょりと汗をかいたり、手、足、脇など局所的に多くの汗をかく場合など、多汗症にもいくつかのタイプがあります。

漢方薬は体質改善のために用いることが多く、多汗症との関係を説明すると、「多汗症の原因は何か」から始まり、その原因を改善することによって多汗症を克服することにあります。

一つは、他の病気が原因となって大量に汗をかいてしまっているということです。例として、脳卒中、糖尿病、肥満症、更年期障害、風邪などがあげられます。
この場合、それぞれの病気に対応した漢方薬により、病気を治すことによって多汗症が治っていくシナリオになります。

また、手、足、脇など局所的な多汗症の場合はどうでしょうか。この場合の原因としては精神的な原因が考えられます。
緊張する、あがり症などの場合に汗を多くかいてしまうとすれば、精神的に安定するような漢方薬を服用することにより、気持ちが落ち着き、汗も抑えられるということになります。

これ以外にもよく言われるのは、多汗症の人は虚弱体質の場合があるということです。この場合、虚弱体質をなおすための漢方薬を服用することになります。

このように、多汗症と漢方薬の関係は、多汗症の原因が何なのかを突き止め、それに対応した漢方薬の服用をすることになります。

また、この他に云われていることは、多汗症、汗かきの人は、一般の人よりも多く水分を摂っているようです。この点も自分はどうなのか確認し、適切な、適度な水分補給を心がけましょう。
ラベル:漢方 多汗症
posted by 多汗症克服 at 22:25| 多汗症 漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。